動体視力とは?

動体視力とは?

動体視力とは?

テニス

 

当サイトのテーマでもある動体視力。

 

しかし、そもそも動体視力とは一体どういうものなのでしょうか? ここではそんな動体視力について説明したいと思います。

 

みなさんご存じの通り、動体視力とは、「移動していく目標物を見分ける能力」のことを指すのですが、実はこの動体視力には二種類存在します。

 

KVA動体視

これは、前後方向の動きを判断するという動体視力。
遠くから近づいてくるものを、見抜く能力を測定し数値化します。

 

 

DVA動体視力

これは、横方向の動きを判断する動体視力です。
測定方法も、すばやく横に動くものをいかに速く見抜くか、という点を数値化します。

 

 

サッカーやバスケのような、ボールや選手の動きが左右に大きく広がるスポーツでは、DVA動体視力が重要視されますが、野球など、投手の投げる速いボールを見極められる、KVA動体視力が重要になります。

 

F1のドライバーもやはり、KVA動体視力が良という調査結果が出ています。

 

卓球やバドミントンは完全にKVA動体視力だけに特化したスポーツなので、間違ってDVA動体視力を伸ばすトレーニングばかり積まないように注意したいところです。

 

 

 

このように、動体視力とは単純に移動するモノを見極めるだけでなく、物体がどう移動するかで全く別の動体視力を使っているので、トレーニングをする際はそこに注意したいですね。

 

 

動体視力のために良いこと

 

動体視力を上げる最もシンプルな方法は早いスピードで動く物体を目で追いかけることです。

 

しかし、これにはある重要な点が抜け落ちています。それは目は老化するということです。

 

いくら動体視力が上がったとしても、眼球それ自体は常に老化現象に晒されています。したがって、本気で動体視力を上げたいのなら、同時に目の老化を防ぐことをしなければいけません。

 

 

では目の老化を防ぐにはどうすればいいのか? 簡単な方法から説明いたします。

 

 

目を温める

 

目を温める

 

至ってシンプルな方法ですがとても大事なことです。これは目を温めるアイマスクなどが世間でいかに売れているかということからも容易に推測できますね。

 

蒸しタオルなどを目に当てて少し時間を置くだけでも目の血行を促し、リンパの流れを良くして老化を抑えてくれるのでとても効果的です。

 

やり方はとっても簡単で、水に漬けて絞ったタオルを500ワットで30秒チンするだけです。

 

パソコン仕事などで目が疲れた人なんかにはピッタリなのでやってみて下さい。 1分で手に入る幸せです。

 

ハイキングをする

 

家族でハイキング

 

ハイキングというと一見、目とは全く関係ない行為のように思えますが、実はこれがとても効果的。

 

ハイキングは有酸素運動なので血液循環が改善され、遠くの景色を見たり近くを見たりもするので目の水晶体の良い運動にもなります。

 

※ウォーキングでも似たような効果は得られますが、その場合はできるだけ街中でなく遠くを見る必要性のある場所で行うと良いでしょう。

 

 

 

 

目を温めることの有効性を知っている方は多いと思いますが、ハイキングについては知らなかった方も多いのではないでしょうか?

 

忙しい現代人はついつい近視的に周囲のものしか見ない生活になっています。それが目にどれだけ良くないかは言うまでもなく。

 

 

動体視力の向上には目それ自体の健康が欠かせません。大事に使っていつまでも若々しさを保ってあげたいものですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

動体視力トレーニング完全ガイド

関連ページ

動体視力のトレーニング
動体視力をトレーニングすることはスポーツマンにとって結果を出すためには欠かせません。ここではそんな動体視力のトレーニングについて、最もポピュラーでかつお金もかからない動体視力ゲームをご紹介します。
各種スポーツと動体視力
スポーツの上達には練習が欠かせませんが、ライバルとの差を付けるには同じことを同じだけやっていてはいけません。動体視力の鍛錬はそんなライバルとの差をつける一つの方法として、スポーツにおいてにといてとても重要な役割をになっています。
試合における動体視力の重要性
スポーツで結果を残すために必要なのは何でしょうか?筋力・テクニック・知識・・・これらは確かに無くてはならない存在です。しかし、これらが一流選手の条件であるならば、世の中は一流選手だらけです。ここではスポーツと動体視力の関係を今一度おさらいしたいと思います。
運動における動体視力の重要性
スポーツで結果を残すために必要なものはなんでしょうか?多くの人はここで筋力と技術の二つを挙げます。もちろん、この二つが重要なのはいうまでもありません。しかし、この二つだけではまだ不十分と言わざるを得ません。そこで、ここでは筋力・技術に次ぐ、第三の重要な要素として動体視力を挙げたいと思います。なぜ動体視力が必要なのか?動体視力が“第三の要素”といわれるほど重要な理由などについて、詳しく解説していきます。
動体視力と静止視力
スポーツで結果を残すには欠かせない動体視力ですが、そもそも私たちはこれについてどのくらい知っているのでしょうか。 ここでは動体視力について今一度しっかり振り返ると共に、二種類の分類についても勉強したいと思います。
視力がスポーツの結果を左右する
スポーツの勝敗を分ける要因には様々なものがありますが、いまいち軽視されがちなのが視力です。しかし、視力は全てのスポーツにとって無くてはならない存在でその勝敗に大きく影響を与えているといわれています。
侮れない眼球の重要性
動体視力はスポーツをやる上で欠かせない存在ですが、それ以上に静止視力と合わせて日常生活でもありとあらゆる場面で必要とされます。ここではそんな視力について今一度改めて見ていきます。